スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

齋理幻夜 ~其の参~

齋理幻夜

齋理幻夜

齋理幻夜

齋理幻夜

齋理幻夜

齋理幻夜

齋理幻夜


日没も迫り、徐々に空も薄暗くなって来た。
燈篭の明かりが徐々にはっきりとして来て、気分も更に高まって来る。

昨年までは一眼を持って行ったが、三脚を含めるとかなりの重量になるので、今年は何時も使っている格安のコンデジで撮った。
細かい事を言えば一眼には敵わないが、露出さえ間違わなければ、コンデジでもそれなりは撮れる。
何しろ身軽なので、写真を撮って居てとても楽だ。


Kenko DSC725Z

にほんブログ村

2010/08/08 21:52 | 祭りCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

subject

昨年も写真を拝見して、何と幻想的なイベントだと感動しておりました。
空の明るさと灯篭の灯り。その関係が微妙に移り変わる様が繊細に描かれていますね。
この繊細さが、日本人の感性なんだろうな思いました。
夏の夜、切なくも美しいものを見せてもらいました。

No:893 2010/08/09 09:17 | 6x6 #Mcrz3oGE URL編集 ]

6x6さん

こんな祭りを毎年見れるのも日本人の特権ですね。
この祭りには本当に多くの方が携わっている事でしょう。
その方々に心から感謝して居ます。
休みが不定期なので、なかなかスケジュ-ルの調整が難しいですが、来年こそは湯沢絵どうろうに行きたいと思います。

No:895 2010/08/09 09:46 | ひで #LNc3tYog URL編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。