スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

守り神

守り神
岩沼市の金蛇水神社。
境内の一角に祀られていたたくさんの守り神。
多くの方が手を合わせていました。
手持ちで撮ったので、若干ピントが甘いのはご容赦下さい。

金蛇水神社 沿革

創始年代不詳。人々がこの地に住み農耕をはじめた時に、山より平野へ水の流れ出るこの場所に水神をおまつりしたものと思われる。

 社名については、次のようにつたえられている。平安時代中頃一条天皇の御代、京都三条の小鍛冶宗近は、天皇の御佩刀を鍛えよとの勅命を受け名水を求めて諸国を遍歴してこの地に至り、水神宮のほとりを流れる水の清らかさに心をうたれた。

 早速、水神宮に祈願をし、炉を構えて刀を鍛え始めたが、カエルの鳴き声で精神統一ができず、よい刀が打てずにいた。そこで宗近は巳のお姿をつくり、田に放ったところカエルはピタリと鳴き止んだ。無事素晴らしい刀を鍛え上げることができた宗近は神への感謝のために巳のお姿を献納し都に帰った。

以来、水神宮ではこれを御神体と崇め、社名も金蛇水神社と称するようになったと言う。
にほんブログ村 写真ブログへ


2010/01/17 18:19 | MINOLTA DiMAGE 7COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

コメント

蛇は、神聖な生き物と知りながらも
見るだけでぞっとして
悲鳴をあげてしまいます><

No:709 2010/01/17 21:42 | あん #X.Av9vec URL編集 ]

あんさん

こんばんは。

置物ならば何ともないですが、実物を見たら、私もぞっとします。

虫などは何とも無いのですが、蛇だけは・・・。
この世で一番苦手な生き物かも?

でも、中国では蛇のスープなんて物があるんですよね。
中国の方の話だと、とても美味なのだそうですが、私には無理ですヾ|≧_≦|〃

No:710 2010/01/17 21:57 | ひで #LNc3tYog URL編集 ]

うちの物置で毎年冬を越して、春に脱皮していく蛇がいます。でも去年の春姿を見ちゃたので今年は戻ってこないかも。
金蛇さんの蛇は2匹ついになっていて、口を開けているのと、閉じているのとで狛犬みたいですね。同じ意味があるのでしょうか?。うちの主人も疲れが取れないと言っていました。寒さのせいでしょうね?ひでさんもお体ご自愛下さい。

No:711 2010/01/18 11:42 | ミーメ #- URL編集 ]

ミーメさん

こんばんは。
物置で蛇が脱皮するのですね。
毎年その蛇を見る事が、ご家族の楽しみになっているのでしょうね。
ミーメさんは蛇は何とも無いのですね。
私はどうも蛇だけは苦手です。

金蛇さんの蛇については詳しくは分かりませんが、何か意味はあるのでしょうね。
今度行った時にでも聞いてみます。

旦那様も体調が思わしく無い様ですね。
日々の激務でお疲れの事と思います。
ご家族の笑顔と愛情が、何よりのお薬になる事でしょう。

今日もコメント有難うございました。

No:712 2010/01/18 23:31 | ひで #LNc3tYog URL編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。