スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

布袋まつり

布袋まつり
宮城県村田町の「布袋まつり」
昨年も見に行きましたが、この日を楽しみにしていました。
布袋まつり
山車に乗った背丈が2m余りもある巨大な布袋人形が、笛や太鼓に合わせて舞い踊る、村田町の代表的な郷土芸能「布袋まつり」。800年の伝統をもつこのまつりは布袋和尚の徳を慕って、京の山車まつりを参考にして生まれたものと言われており、毎年10月初めに盛大に繰り広げられ、多くの観光客で賑わいます。「布袋まつり」で特筆されるのは布袋囃子の笛の音で、奏でられる曲は「一ノ谷の合戦」において討死した平家の若武者・平敦盛が「青葉の笛」で吹いていた曲です。西海に滅んだ平家一門のうち、東北に逃れた若武者たちの姿に心打たれた村人たちが、平家ゆかりの笛の音を祭りに取り入れて伝承してきました。江戸時代になると、囃子に太鼓も加わり、仮装して踊るようになりました。それが、享保の頃(1700年代初期)に現在のような布袋人形に変わり、町内を練り歩くようになったのです。この、郷土色豊かな伝統芸能は村田町の秋を彩る風物詩として町民の間で広く親しまれています。
布袋まつり
一番の見物は、やはり山車でしょう。
地元の方にお話を伺うと、この祭りをみんなが誇りに思い、大切に守り続けている気持ちが伝わって来ます。
この日ばかりは町中がお祭りムード一色になる。
こんな祭りがある村田町を素敵だと思う。
布袋まつり
今日は晴れ舞台。
布袋まつり
近くの町でこんな素敵な祭りを見られる自分は、本当に幸せなのだと思う。
午前中に出掛け、夜まで祭りを見ていました。
村田町に行く度に、カネショウ商店には必ず顔を出し、旦那さんには何時もお世話になっている。
昨日も焼き芋におにぎり、あんまん、飲み物までご馳走になった。
「遠慮しないで食べなさい!」
「祭りの時は、みんな気前が良いものだ!」
「そして、これが祭りというものだ!」
そう言って、旦那さんは次から次へと食べ物を持って来てくれた。
「空腹が満たされれば、お腹が温まる!そうすれば良い写真も撮れるだろう!」
そんな気遣いをしてくれた旦那さんは、何て素敵な人間だろう。

本当にたくさんの方が写真を撮った事だろう。
自分も含め、失敗写真も多かったと思う。だけど、一生懸命撮った写真は、どんな写真でも良い写真ではないのだろうか?
構図や露出がバッチリの、綺麗な写真だけが良い写真とは限らない。
写真は楽しんで撮るものだ。
決して技術を競うものでは無い。
写真を撮り始めた頃は、下手な知識など無い分、本当に楽しかったし、ワクワクして写真を撮った。
それが重要なのではないだろうか?
旦那さんの言葉が、一番大切な事を思い出させてくれました。
そして、今年もこの祭りが見られた事に感謝しなければならない。
にほんブログ村 写真ブログへ








2009/10/13 01:39 | 祭りCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

ひでさん こんばんわ(*^▽^*)

とても華やかで素敵なお祭りですね^^

昔々から伝わる笛の音
その時代を想い聴くと
感慨深いものがあるでしょうね。

そうですね^^
うちも一生懸命撮った写真や
楽しみながら撮った写真は
きっと誰かに何かが伝わり
そういう写真こそがいい写真なのでは?
と思います^^

P☆☆

No:581 2009/10/13 03:11 | くるくるぽんた #HfMzn2gY URL編集 ]

くるくるぽんたさん

写真の良し悪しを気にする事自体が間違いなのかも知れません。
誰が撮ったどんな写真であっても、その写真は良い写真である筈です。
ピンボケしていようが、露出が狂っていようが、「この瞬間を切り取っておきたい。」
そう思うからこそシャッターを切るのであり、決して優劣を付ける為ではありませんよね。
良い写真を撮ろうなどと、色気を出すと、ろくな事になりませんね。

布袋まつりは本当に素晴らしい祭りです。
一日中見ていても飽きません。
そして何より、地元の方々が誇りを持っている事が羨ましいです。

No:582 2009/10/13 10:35 | ひで #LNc3tYog URL編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。