スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

写真の昭映堂

写真の昭映堂
店を畳んでどれ位経つのかは分からないが、かつてはたくさんのカメラが並べられていたのだろう。
デジタルカメラなど無かった時代。
マニュアルカメラやレンジファインダー、バカチョンカメラが陳列されていたに違いない。
一眼レフもそれなりには扱っていたと思うが、ファミリーが気軽に使えるコンパクトカメラが大半を占めていたのだろう。
フジカやオリンパスTRIP、コニカC35等が陳列されていたのだろうか?
そんな事を想像しながら写真を撮った。
携帯電話のカメラで撮ったので、写真を撮ったと言うと、ちょっと大袈裟かも知れない。
町の写真屋さんも激減した。
ちょっと知識のある店主と話が出来る店は、殆ど残っていない。
スピード仕上げの店を否定する訳では無いが、確かな知識と技術を持った店主の居る、町の写真屋の存在は本当に貴重だ。
写真の昭映堂
看板からも、昭和40~50年代の町の写真屋の雰囲気が伝わって来る。
こんな店に、もう一度白黒フィルムの現像を出してみたいものだ。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/09/07 20:17 | 町並みCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  

コメント

ひでさん こんばんわ(*^▽^*)

昭和の写真屋さん 滅多に見なくなりましたね。

うちはデジタルカメラしか知らないのですが
昔ながらのカメラマニアには そういうお店は必要ですね。

つい最近 新しいカメラを購入したくて
某大型カメラ店へ行って店員さんに
「あのカメラが気になってるので他機種との違いと
説明が聞きたいのですが」
と言うと お店暇そうで店員の皆さん忙しそうでなかったのに
「カメラご自由に触ってみてください。」
ってパンフレット持って来られたよ^^;

P☆☆

No:543 2009/09/08 04:44 | くるくるぽんた #HfMzn2gY URL編集 ]

町の写真屋さん

当地でも、閉鎖した写真屋さんをよく見かけます。スピードプリントからデジカメ時代へ。
町の写真屋さんを圧迫したスピード処理店も消えていきました。
こういう流れに真っ先にあおりを食ったのも町の写真屋さんで、
逆に一部の店かもしれませんが最後まで残るのも町の写真屋さんかもしれませんね。
家の近くに、ほとんど営業はしていないけど、店だけは開けている写真屋さんがありました。
ミノルタの二眼レフが普通に新品で陳列してありました。
お父さんが病気で、もう売る気はないようでした。
買おうかと思ったのですが、ここまで来れば最後までお店に陳列した方がいいような気がしました。
そのお父さんが最近亡くなって、お店は閉められてしまいました。
そんな色々なドラマが町の写真屋さんにはありそうですね。

No:544 2009/09/08 07:38 | 6x6 #UGOQk9/c URL編集 ]

くるくるぽんたさん

大型店であれば、それなりの知識を持った店員さんが居るのでしょうが、余り知識の無い方に声を掛けてしまったのでしょう。
とは云え、各メーカーから新製品が次々と発売され、それぞれの機種の仕様を頭に入れている店員さんはそれ程多くは無いでしょう。
でも、売る側は仕事ですので、もう少し勉強して購入者が戸惑わない様にして欲しいですね。
町の写真屋さんの場合、常連になると、カメラやレンズ以外の事でも色々と相談に乗ってくれます。
構図で悩んだ時にアドバイスをしてくれたり、プリントも自分好みに仕上げてくれたりするので、本当に貴重な存在です。

No:545 2009/09/08 16:53 | ひで #LNc3tYog URL編集 ]

6x6さん

ミノルタの二眼レフ。
購入しようかしまいか?相当悩んだのでしょうね。
人それぞれ考えはあるでしょうが、購入しなくて正解だったと思います。
昔から営業している町の写真屋さんの店内に、古いカメラが展示してあるから良いのであって、購入してしまえばそれが見れなくなってしまう。
どれだけの人間がその様な物に興味を示すか?と問われれば、そんなに多くは無いでしょうが、6x6さんが購入しなかった事で、「あのカメラ、まだあそこに在るな!」と楽しげに眺めていた方が少しは居る事でしょう。
きっと6x6さんはその辺りも考えて購入しなかったのだと思います。
当地でも、古くから営業していた町のカメラ屋さんが、一年ちょっと前に店を閉めました。
店内には古いマニュアルカメラが新品のままでたくさん展示してありました。
店の前を通る度に、それを眺めて楽しんでいました。
展示してあるカメラを売ってくれと店に来る者も多かったそうですが、店主は全て断ったそうです。
販売していた時に売れ残ってしまったカメラなので、お金になるなら売れば良いのに!と思う方も居るでしょうが、店主自身もカメラが好きで、毎日眺めているのが楽しかったのでしょう。
購入したいと言う方の中には、本当にマニュアルカメラが好きで、どうしても欲しいと思っている方も少しは居るでしょうが、大半はオークションで転売しようと考える方でしょうね。
頑なに販売を拒んだ店主の行動は正解たったと思います。
この様な店が殆ど残っていないのは残念ですが、仕方の無い事ですね。

No:546 2009/09/08 17:16 | ひで #LNc3tYog URL編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。