スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

看板

IMG_3063.jpg
レコード屋という言葉も聞かなくなりましたね。
国内でもごく僅かは生産されている様ですが、
店頭にずらりと並ぶジャケットを見る事は無くなりましたね。
昔買ったLPを引っ張り出し、今でもたまに聴いています。
アナログの柔らかい音はやはりいいですね。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/02/08 21:18 | その他COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

レコード

今は数の上では、圧倒的にCDの方が多いですが、
亡き父から受け継いだジャズのレコードを聴いています。
ジャケットから出して、ターンテーブルに載せて、
静かに針を落とす。
終わったらアームを戻さないといけない。
そのお作法も音楽を大事に聴かせる気がします。
レコードとCDの関係って、フィルムカメラとデジカメの
関係に似ていますね。

No:225 2009/02/09 07:07 | 6x6 #Mcrz3oGE URL編集 ]

6x6様

確かにそうですね。
ASA感度を設定し、フィルムをスプールに絡ませ、巻上げを行い、露出とシャッタースピードを決める。
撮影後は巻き戻しノブを引き起こし、巻き上げをする。
フィルムカメラとターンテーブルの操作には共通点がありますね。
ジャズやクラシック、昔のPOPS等は、やはりレコードで聞きたいですね。
A面B面という言葉も、今の子供達には理解出来ないでしょう。
お父様の残してくれたレコード。
きっと素敵な音楽を奏でてくれる事でしょう。
いつまでも大切にして下さい。

No:226 2009/02/09 16:29 | ひで #LNc3tYog URL編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。