スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

輝く水面

IMG_1766.jpg
水面の反射が綺麗だったので一枚撮りました。
光を描写したかったので、マイナス補正で撮りました。
にほんブログ村 写真ブログへ

2008/12/02 15:19 | 風景COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

なるほど

マイナスにするとか 難しい事はわかりませんが カメラの事知ってる人は こんな時に
得するんですねえ。こんな 宝石ばらまいたような水面写せません。鳥も優雅に見えますね。

No:128 2008/12/04 22:39 | サヨマゴ #T3G0pTx6 URL編集 ]

サヨマゴ様

いつもコメント頂き有難うございます。
露出補正ですが、例えば雪景色で遊ぶお子さんを撮影する際に、太陽の光が反射し、眩しい状況を想像して下さい。
普通に撮ると、写真に写っているお子さん以外の雪景色は明るいですよね。
この時、カメラは明る過ぎると判断し、暗く撮ろうとします。出来上がった写真を見ると、雪がくすんで映ってしまい、綺麗な白が表現出来ません。その様な場合には明るく撮る為にプラス補正をします。
逆に夕焼けを撮る時など、画面全体が暗い場合には、カメラは明るく写そうとしてしまいます。そうすると、空が明るく飛んでしまって、見た目通りの綺麗な夕焼けが撮れません。
明るく写そうとしているのですから、マイナス側に補正する事で綺麗な夕焼けが撮れます。
難しい様ですが、何度か試してみるうちにコツがつかめます。
特にデジカメは画面の中に明暗差がある被写体は苦手です。
この部分ではフィルムカメラに若干の分があります。
分かり易く書いたつもりですが、やっぱり難しいですかね?
最近のコンパクトデジカメにも大抵は露出補正の機能が付いているので、説明書でご確認下さい。
旅行などの記念撮影はその時しか撮れませんので、お子さんの写真を思い出として綺麗に残しておきたい時などに活用して下さい。
参考になれば幸いです。

No:129 2008/12/04 23:39 | ひで #LNc3tYog URL編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。