スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

生命力

散歩で見つけた花
アスファルトの僅かな割れ目で咲いていた花。
草花の生命力には驚かされます。
花の名前は分かりません。
散歩で見つけた花
寄って良く見ると、小さくて綺麗な花です。
にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーサイト

2009/08/31 17:33 | MINOLTA DiMAGE 7COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

夕暮れの町並み

夕暮れの町並み
一日の終わり。
間もなく日没。
柔らかな光が射していました。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/30 09:24 | 携帯カメラCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  

フォトコン入賞

フォトコン入選作品
この写真は以前にも掲載したものです。
宮城県写真連盟主催のフォトコンに応募していたのですが、昨日結果が届き、佳作を頂きました。
今回も何とか賞に引っ掛かった程度ですが、自分の写真を多少なりとも評価して頂けた事は、やはり嬉しく思います。
大賞やそれに次ぐ賞を受賞された方の作品と比べれば、かなり見劣りすると思います。
もっと上の賞を頂けない原因は自分でも分かっています。
写真の腕はまだまだですね。
この写真は11月17日~22日に宮城県美術館で開催される「平成21年度宮城県写真展」で展示されます。


画題
光射す時
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/29 11:54 | フォトコン入賞写真COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

三等郵便局

三等郵便局
以前から気になっていたのだが、この建物が何なのか分からなかった。
先日、祖母を車に乗せて此処を通った時に、何の建物なのか聞いてみると、昔は郵便局だったとの事。
三等郵便局だったのですね。
このお宅では、この辺り一角の土地を所有していたそうです。
これで気になっていたモヤモヤが晴れました。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/28 08:27 | 古い町並みCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

EF81 カシオペア北斗星

EF81 北斗星
暑くなる前にと、早朝に散歩に出かけました。
ふと時計を見ると、5時12分。
後6分で北斗星が通過する時刻なので、折角だからと待っていました。
進行方向側の信号が青に変わり、暫くするとヘッドライトが見えただので、列車が来るのを待っていると、「あれっ
カラフルな機関車の姿が見えました。
今日はEF81 79カシオペア塗装の機関車が運用に入ったのですね。
慌ててカメラの電源を入れてシャッターを切りました。
写真を撮る度に思うのですが、画面に写っている看板。
景観を損なうし、本当に邪魔なんですよね。
構図的にカットするのも難しいし、悩みの種です。
EF81 北斗星
待っていて良かった。
ちょっと得をした気分です。
EF81 北斗星
撮影地
東北本線
船岡~大河原
船岡城址公園

MINOLTA DiMAGE7
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/27 08:14 | 鉄道 列車COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

キバナコスモス

キバナコスモス
散歩で出会ったキバナコスモス。
数輪の花が微風に揺れていました。
空の状態がイマイチだったので、空は入れずにマクロで撮りました。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/26 12:29 | MINOLTA DiMAGE 7COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

小さな朝顔

小さい朝顔
庭に咲いている小さな朝顔。
直径は2.5cm位しかありません。
何処からか種が飛んで来て、今年初めて咲きました。
随所に秋の気配も感じられますが、夏の花もまだまだ元気です。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/25 10:27 | MINOLTA DiMAGE 7COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

オニヤンマ

オニヤンマ
庭に飛んで来たオニヤンマ。
このトンボは滅多にとまらないので、これはチャンスと思い、シャッターを切りました。
ピントもそれなりに合わせる事が出来ました。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/24 15:47 | MINOLTA DiMAGE 7COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

紅葉

紅葉
近所の桜。
一部だけ葉が紅葉していました。
桜の葉の紅葉はそれ程綺麗では無いのが一般的ですが、この葉は綺麗な赤でした。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/23 08:42 | MINOLTA DiMAGE 7COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

葛の花

葛の花
随所に秋の気配が感じられる様になりました。
秋の七草の一つ、葛の花も咲き出しました。
もう初秋ですね。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/22 08:35 | MINOLTA DiMAGE 7COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

カノコユリ

カノコユリ
散歩中に見つけたカノコユリ。
ピンクの花弁が綺麗でした。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/20 10:11 | MINOLTA DiMAGE 7COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

583系仙台車 夏休み東北縦貫号

夏休み東北縦貫号
8月8日~18日まで運行された583系仙台車の「夏休み東北縦貫号」
運転区間も郡山~盛岡と長く、夏休み期間という事もあり、たくさんの乗客を運んだ事でしょう。
夏休み東北縦貫号
普段乗る機会が無いお子さんにとっては、夏休みの良い思い出になったかも知れませんね。

撮影地
東北本線
北白川~大河原
夏休み東北縦貫号
最終日の撮影です。
夏休み東北縦貫号
警笛を鳴らしながら走り去って行きました。

撮影地
東北本線
大河原~船岡
船岡城址公園
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/19 03:47 | 鉄道 列車COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

食欲旺盛

アゲハの幼虫
自宅の庭のサンショウの木で育っている、アゲハの幼虫。
毎年たくさんの幼虫が、広い空へと飛び立って行きます。
この幼虫も間もなくサナギになり、やがて羽化する事でしょう。
この写真を撮ったカメラ DiMAGE 7ですが、相当使い込んだので、何時壊れるか分かりません。
年数も経っているので、ちょっと心配ですが、故障しても修理して使いたいと思います。
型は古くても、まだまだ現役で使い続けたいカメラです。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/18 02:33 | MINOLTA DiMAGE 7COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

わたりふるさと夏まつり 

わたりふるさと夏まつり
宮城県亘理町で行われた「わたりふるさと夏まつり」。
たくさんの山車も出ました。
パレードには1300人が参加。
それにしても、もの凄い人出でした。
わたりふるさと夏まつり
目の前を次々と山車が通ります。
わたりふるさと夏まつり
港町の祭りは勢いがあります。
わたりふるさと夏まつり
日も暮れかかり、堤燈の灯りも夕闇に浮かび上がります。
わたりふるさと夏まつり
立派な宝船です。
わたりふるさと夏まつり
綺麗な山車がやって来ました。
わたりふるさと夏まつり
あまりの美しさに目を奪われます。
わたりふるさと夏まつり
それにしても見事な画です。
わたりふるさと夏まつり
この山車を見ただけでも、この祭りに来て良かったと思います。
わたりふるさと夏まつり
一台の山車で4枚の画が楽しめます。
わたりふるさと夏まつり
太鼓を打つ子供達を乗せた山車。
わたりふるさと夏まつり
浴衣姿の女性が、沿道の見物客に手を振ります。
わたりふるさと夏まつり
2時間のパレードでしたが、あっという間に時間が過ぎ去りました。
わたりふるさと夏まつり
パレードが終わると花火が打ち上げられました。
わたりふるさと夏まつり
見に行って良かったと、心から思えるお祭りでした。
にほんブログ村 写真ブログへ





2009/08/16 10:35 | 祭りCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

かくだふるさと夏まつり

かくだふるさと夏まつり 
今日は宮城県角田市で行われたかくだふるさと夏まつりに行って来ました。
お盆の最中なので、多くの人で賑わっていました。
かくだふるさと夏まつり
角田市のシンボル。
台山公園のロケットも見えます。
角田音頭
角田音頭のパレード。
角田音頭
年配の方々の中に、お子さんが一人だけ居ました。
おじいちゃん子かおばあちゃん子なのでしょうね。
とても大切にされているんだと思います。
かくだふるさと夏まつり
角田音頭は初めて見ましたが、とても素晴らしいパレードでした。
かくだふるさと夏まつり ベコ屋の洋ちゃん
突然踊り出した洋ちゃん。
この男性はベコ屋の洋ちゃん
お祭りやイベント時には、屋台で牛串やソーセージ等を売っています。
洋ちゃんの牛肉はとても美味しいので、ファンも多いです。
直売所もありますので、近くにお越しの際は立ち寄ってみて下さい。
にほんブログ村 写真ブログへ




2009/08/15 02:00 | 祭りCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

夕景

夕景
約一ヶ月ぶりに晴れた。
夕方は雲が多くなったが、この一月は殆ど太陽が出なかったので、久し振りに夕焼けを見た。
凄く綺麗な夕焼けでは無いが、一月も雨や曇りの日が続くと、こんな夕焼けが出ただけで感動すら覚える。
夕景
梅雨の時期だったとは云え、今年の宮城県の天気はちょっと異常だった。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/13 20:52 | 古いデジカメ COOLPIX 3200COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

公園のネコ

公園のネコ
船岡城址公園の駐車場に居たネコ。
かなり人に慣れている様で、近づいても全く逃げる素振りは無い。
公園のネコ
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/12 23:04 | 古いデジカメ COOLPIX 3200COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

神の湯

神の湯
宮城県蔵王町遠刈田温泉神の湯
今日は祖母を連れて、此処に行って来ました。
お盆期間中でもあり、いつもよりたくさんの方が居ました。
足湯は無料です。
蔵王の観光で訪れた際は、此処で疲れを癒すのも良いですね。
入浴料も300円と格安です。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/11 22:41 | 古いデジカメ COOLPIX 3200COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

齋理幻夜

齋理幻夜
宮城県丸森町の齋理屋敷で行われる「齋理幻夜」
年に一度、3時間だけの祭りです。
夕暮れと共に、屋敷だけで無く、街にも灯りが灯る。
齋理幻夜
一年前に訪れて以来、今年の開催を心待ちにしていました。
齋理幻夜
日が暮れると共に、燈籠の灯りが雰囲気を良くする。
屋敷内に在る土蔵の海鼠壁。
齋理幻夜
池に写り込んだ燈籠が、更に雰囲気を良くする。
齋理幻夜
1000基を越える燈籠が、幻想的な夜を演出する。
齋理幻夜
齋理幻夜
齋理幻夜
齋理幻夜
齋理幻夜
齋理幻夜
齋理幻夜
また一年間待たなくてはならない。
この齋理幻夜がとても好きだ。
にほんブログ村 写真ブログへ


2009/08/09 02:04 | 祭りCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  

川原子ダム

川原子ダム
南蔵王・不忘山山麓にある川原子ダム。
この山麓に「ぼちぼち村」がある。
今日はその「ぼちぼち村」で素敵な体験をさせて頂いた。
詳しくは書かないが、自然に恵まれた素敵な場所だ。
ブログもあるので、気になった方はこちらを見て下さい。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/09 01:19 | 風景COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

忘れ物

忘れ物
公園の鉄棒に掛けられた帽子。
見つけた方が、目立ち易い様にと掛けてくれたのでしょう。
家を飛び出して行く子供に、日射病にならない様にと、母親が慌てて被せたのかも知れない。
そんな母親の心配をよそに、子供は遊びに夢中になり、帰る時には帽子の事などすっかり忘れていたのだろう。
この写真を撮ったのは昨日の夕方。
間もなく暗くなる時間帯。
この時間に取りに来なければ、明日の朝まではこのままだろう。
今朝この場所を見てみると、既に帽子は無かった。
無事に子供の元へ戻ったのだろうか?
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/07 21:52 | MINOLTA DiMAGE 7COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

太陽の村

太陽の村
自宅から直ぐの裏山の山頂に、この広場があります。
以前は大勢のファミリーで賑わったこの場所も、今では全くと言っていい程人気がありません。
それでも今日は老夫婦が一組に、年配のご婦人がお二人、若いカップルが二組、母親に連れられた子供が二人居ました。
最近では珍しい事。
以前あれ程賑わった事など、想像も出来ない位静かな場所になりました。
太陽の村
以前はこの芝生広場に座れない位、大勢のファミリーで賑わっていました。
子供の遊びの場が変わったと云うよりも、むしろ親の意識が変わっているのかも知れません。
大型のショッピングモールやレジャー施設に行く事が、何となく流行で、そうする事が時代の最先端を突っ走っている様な優越感に浸っているだけかも知れない。
たまにはこんな所で一日のんびりと過ごすのも悪くは無い。
大勢の人々で賑わっていた頃、此処にはたくさんの人達の笑顔が溢れていた。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/06 23:06 | MINOLTA DiMAGE 7COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

静かな町

宮城県柴田郡柴田町
久し振りに太陽が顔を出したので、いつも散歩をしている山へ登りました。
見慣れた景色を眺めてぼんやりしていると、貨物列車が走って来たので、ポケットに入れていたトイデジを取り出して、何気なく一枚撮ってみました。
このトイデジはシャッタータイムラグが長く、シャッターを押してから、暫くしないとシャッターが切れません。
どうせ列車などフレームアウトするだろうと思っていたのですが、上手い具合に画面に入っていました。
私がカメラを構えている所(私の背中側)には、有名な樅の木が在ります。

樅の木は残った
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%85%E3%83%8E%E6%9C%A8%E3%81%AF%E6%AE%8B%E3%81%A3%E3%81%9F_(NHK%E5%A4%A7%E6%B2%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/06 00:36 | トイデジ HDC-2VCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

岩沼市の蔵

宮城県岩沼市
宮城県岩沼市。
奥州街道沿いの店蔵や土蔵は有名ですが、路地を入った所にも蔵がありました。
表通りは車で何度も通っているのですが、裏通りに入る事は余りありませんでした。
所々に点在している様なので、そのうちにもっと良く探してみようと思います。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/04 21:21 | 古い町並みCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

抜け道

抜け道
細い路地と路地を結ぶ抜け道。
我が町には細い路地も殆ど残っていないが、この場所だけは道路として拡張されずに残っています。
写真の左側には数軒の古い民家も残っています。
写真を撮りながら、この道を行ったり来たりしてみたが、此処を通り抜ける人は全く居なかった。
民家の庭先には花も植えられ、静かで良い場所だった。
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/04 01:30 | その他COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

神社の銀杏

白鳥神社
天気が悪く、写真を撮っていないので、今日もストックフォトから。
昨年の秋に撮った写真です。
この銀杏の形が気になって写真を撮りました。
この神社には柴田家14代当主の柴田意広の像もあります。

(白鳥事件の概要と白鳥信仰)
この地では、藩政時代から白鳥信仰を伝承する白鳥伝説数多くある。そんな人々の思いは、「伊達治家記録」や「奥羽観蹟聞老志」などでも垣間見ることができる。神の使者として白鳥は多くの人々の信仰を集めてきた。
明治元年(1868)その白鳥をめぐって、戊辰の役後、進駐してきた官軍兵士と柴田家中との間で起きた事件は、柴田家の運命を大きく変えた「白鳥事件」 として今もなお人々に語り継がれている。この事件の発端は、仙台藩降伏後、領内において官軍兵士が信仰の対象である白鳥を捕殺したことに端を発している。 その場に居合わせた柴田家中4名の内の一人が白鳥を守ろうと兵士に向かって発砲。その後この事件は仙台鎮撫使の知るところとなり事件に関与した家中たちは 処刑。事件の責任を取って柴田家14代当主意広も切腹した。事件後、柴田家臣の多くが、苦悩の選択のなか、現在の北海道伊達市に移住を決定。新天地での新 しいあゆみを始めた。
伝説によれば日本武尊(やまとたける)が東征の折、一時この地に館を置き妻子をもうけた。後に単身都に帰還した日本武尊を追った妻子は 、途中で力尽き白鳥と化したという。また日本武尊自身、死して白鳥と化したとも伝えられ、白鳥信仰は日本武尊の信仰と関わりが深いと思われる。
にほんブログ村 写真ブログへ




2009/08/02 22:33 | OLYMPUS PEN EEDCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

ザ・フェスティバルinしばた

バトンチーム
今日は地元のイベントで写真を撮りました。
ステージでは様々なイベントが行われていました。
町内の小学生達のバトンチームです。
ちびっこチアリーディング
幼児から小学生のメンバーによる「ちびっこチアリーディング」
ちびっこチアリーディング
子供達のチアリーディングは可愛いですね。
会場からも「可愛い!可愛い!」の声が、あちこちから聞こえて来ました。
仙台大学チア
夜には、仙台大学のチアリーダーの皆さんも駆けつけてくれました。
ここまで暗くなると、写真を撮るのは難しいですね。
ISO1000 絞り4でもシャッタースピードは1/30
ステージまでの距離もあったので、長玉で手持ちでは、やはり無理がありますね。
花火
最後は花火の打ち上げがありました。
花火が打ち上がって暫くすると、雨が降り始めました。
カメラが心配なので、数枚だけ撮って、慌てて帰って来ました。
花火の写真も難しいですね。
始めは長玉を付けていたのですが、105mmでも長過ぎなので、急いでレンズを交換しました。

絞りF8
シャッタースピード4秒
28mm
ピント∞
マニュアル撮影

撮影地
陸上自衛隊船岡駐屯地
にほんブログ村 写真ブログへ

2009/08/01 23:58 | イベントCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。